ひがしまち街角広場

「ひがしまち街角広場」(通称:まちかど)は、豊中市新千里東町の近隣センターで運営しています。2001年9月30日のオープン以来、友人や知人とおしゃべりしたり、飲み物を飲んでほっと一息ついたり、地域活動に参加したりするためのコミュニティの場所を目指して、地域住民がボランティアで運営しています。お気軽にお越しください。


オープンの背景と活動のあゆみ

「街角広場」新千里東町が国の「歩いて暮らせるまちづくり事業」のモデル地区に指定され、この事業で行った地域の方々へのアンケートやヒアリングであがってきた「近隣センターを生活サービス・交流拠点へ」という思いを実現するための場所としてオープンしました。
最初は豊中市の社会実験というかたちでスタートし、社会実験期間が終了した後は、豊中市から自立して、地域のボランティアで運営しています。

当初、「地域の文化向上や地域活動の協力する」ことを目的として掲げましたが、学校や地域団体とも連携した活動を行っており、毎年4月の「たけのこ祭り」も「街角広場」から生まれました。

買い物の時、散歩の時ちょっと一服しながらいろいろな会話が弾む場所、地域のいろいろなことがわかる情報の宝庫、何か困った時には助けを求めることのできる場所・・・・・・ そんな「街角広場」の素晴らしさを実感してください。

「街角広場」のあゆみはこちらをご覧ください。


毎年4月には新千里東町の近隣センターと東町公園で「たけのこ祭り」を、毎年10月には近隣センターで周年記念パーティを開催しています。